のれんで表現できること

のれんの耐用年数はどれくらいか

Noren-Order部屋の中のしきりや、店先の看板としての役割、室内の日差しを遮るための役割など
様々な使用方法があるのれんは、個人の商店から一般のご家庭の室内など
幅広い用途で利用されている特徴を持っています。

市販の既製品を購入する方法もあれば、オリジナルデザインをオーダーメイドで依頼して
作成するなど、思い入れのあるデザインやサイズのものを大切に使用している方も増えてきています。

ただせっかく気に入って作成したのれんだからこそ、大切に使用するためにも
耐用年数をしっておきたいという声は少なくありません。長持ちさせる

基本的に設置している環境や素材、染め方や色の濃度、仕立て方によって耐用年数には誤差が発生し、
劣化を感じる年数は平均で半年から5年程度だといわれています。

少しでも生地の劣化を防ぎたいと考えているなら、染める色は出来るだけ濃い色を指定することや、
はためく範囲に障害物が無いように気をつけましょう。

屋外で利用する際には湿度によるダメージを受けやすいので、撥水加工を施すと劣化しにくくなる特徴があります。
使用する素材には綿やエステル系の生地を選ぶよりもエクスランを選択することによって、生地の寿命を長くすることが可能です。

長時間紫外線があたると生地が劣化する原因となので、店舗の屋外に設置している場合営業時間外は屋内にしまうことをおすすめします。

のれんの生地を傷めない洗濯方法

オリジナルデザインで作成したのれんなどは、気に入って大切に利用したいと考えている方は多いです。
特に店の看板の役割として設置している場合、末永く使用するためにも定期的にお手入れを行う必要があります。

基本的にのれんの洗濯方法は、生地や印刷方法の種類によって大きくことなるので、
自宅や店舗で利用している物の生地や印刷方法を確認して適切な方法でお手入れをすることが重要です。手洗いする

綿生地で制作されたものであれば反応染めにて製作販売されている場合が多いので、
中性洗剤を使用し30度程度のぬるま湯でやさしく手洗いをしましょう。

強い力で擦ってしまうと色落ちや褪せの原因となるので、お手入れ後は天日干しではなく
日陰に伸ばした状態で干すことが生地を傷めない対策方法です。

弱アルカリ性の洗剤を利用すると、塩素の力によって生地が白くなってしまう危険があるので
使用する洗剤は選ぶことが大切となります。

化繊生地で作られたものであれば、綿素材と同様に洗濯をした後は直接アイロンを利用するのは避ける必要があります。

化繊生地をそのまま高温のアイロンをあててしまうと、生地が縮んだり溶けてしまう危険があるので
どうしても利用する際には当て布を使用して低音にすることが大切です。