のれんで表現できること

旅館や民宿での和風のれん製作

Noren-Order旅先などの旅館や民宿で、のれんを見かけることは多いでしょう。
日本の宿ならではの和風な感じは、のれんと言うアイテムが大きな役割の一つとなっています。

宿以外にも色々な用途で使われるものですが、やはり旅館や民宿の玄関に
かかっていると、おもてなしの心を感じ取ることができるのです。

おもてなし

素材や造りで印象も変わるため、製作する時は宿の良さが上手に出るように作ってください。
のれんがある所は、やはり和の空間を大切にしている宿が多いです。

畳や温泉など、どんな設備になっているのか想像しやすいのも良い所です。
日本人はもちろん、外国人旅行客の目も惹くことでしょう。

しっかりとした帆布素材などは、高級感や重厚感を出すことができます。
透け感が少ないほど質の高い印象を与えるのです。

一方光を通す素材は気軽に立ち寄れる身近な存在になります。
紺や黒などダークな色なら上品になり、明るさを出したいなら生成りなどがおすすめです。

生成り

字体や文字の太さも重要なため、全体のバランスが整うようにデザインしてください。
他には長さや割れ目の数などでも、持ち味を出すことができます。
いずれにしてもある程度しっかりした素材で品のある色味にすると、高級感が高まります。

のれん一つでその宿の第一印象を左右する場合もあるため、製作する際は
お客様の目線でアイデアを出してみると良いです。

こんなのれんだったらくぐってみたいと思える、他には無い逸品を製作してみましょう。