のれんで表現できること

トラブル防止の簡易アイテムとして

Noren-Orderのれんは仕切りなどの意味合いがあるほか、様々な効果を期待することができます。

長めののれんであれば、太陽光から商品や人を守る効果があったり、
夏の暑い時の日よけになったりエアコンの冷気を逃さないようにする、
逆に冬場には冷気が入らないようにしたり、室内の暖かい空気を
逃さないということにも役立ちます。

また、屋外広告的な役割も果たしながら、人が食べるところを隠せる目隠しての役割もあります。

そんなのれんは、トラブル防止も期待することができます。

飲み屋などにのれんをかけることによって、店内外の出入りを快適にするという
サポートとしての効果があります。

サポートする効果

ドアがあるといちいち開閉することになり煩わしいことがあり、完全に空間を遮断してしまいがちです。
のれんがあることによって、空間を意識的に仕切っていることによって心理的な壁はありますが、
物理的には一繋ぎであるため出入りが楽になります。

また、出入りの時にはのれんがあることによって歩くスピードが落ちます。
そのため入店する人と、退店する人が勢いよくぶつかるというトラブルを防ぐことができます。

完全に何もなければお構いなしに入ってくる人もいるかもしれせんが、布が一枚あるだけでも
そんなトラブルを減らすことができるようになります。

防ぐ

このようなトラブル防止にもなりますが、安い費用で作ることができます。
集客率を上げることができたり、店の雰囲気の演出などにも役立ちます。

ただし、作るときには目的とコンセプトをしっかり決めてから作ることが大切です。
適当に作ってしまっては集客効果などはなくなってしまうため注意が必要です。

お客に店の場所を知ってもらいたい、歩行者にアピールしたいなどの目的を持って作ることで
店をアピールしやすくなります。

コンセプトをしっかりさせることによって店の雰囲気も変わってきます。
雰囲気を演出する作用もあるため、デザインや文字、レイアウトなどをしっかり考えて作ることが大切です。

飲食店のメニュー構成に役立つ知識って?効果はある?

飲食店のメニューはお客さんが料理を選ぶ際に必ず目を通すものですが、その構成を工夫することでお客さんの満足度を高めたり、
売上アップに繋げたりすることができます。

メニューを見て注文する料理を選ぶお客さんも人間なので、心理学的な知識も重要になってきます。
例えばアメリカの心理学者であるバリー・シュワルツが提唱する「選択のパラドックス」という説も飲食店のメニュー作りに活かせます。

選択肢が多ければ多いほど自由度が増すためその分繁栄するという従来の考え方を覆すこの説は、選択肢が多すぎると人は不安になって、
どうしていいか分からなくなってしまうという考え方です。

メニューエンジニアのグレッグ・ラップによると各カテゴリーのメニューが7品を超えると人は何を選択していいか分からなくなり、
結局以前食べたものを注文する傾向があると指摘しています。メニュー品数はそれぞれのカテゴリーに多くても7品が望ましいでしょう。

また、料理の写真があるのとないのとでも大きな違いが出てきます。グレッグ・ラップによるとメニューにおいしそうな写真を加えると
その料理の売り上げは30%増しになると言われています。

ただし、写真を多く載せすぎてごちゃごちゃすると安っぽい印象になってしまうので注意が必要です。
高級レストランの多くがメニューに写真を載せていないのはこのような理由からなのです。